【心理カウンセラー資格ガイド】心理カウンセリングの疑問をスッキリ解消できるサイトです!

MENU

心理カウンセラーとは?

 

人は少なからず、悩みを抱えて生きています。心理カウンセラーは、その悩みに焦点を当てて、悩みを解決する手助けをしています。

 

一昔前では、心理カウンセラーや精神科と聞くと、精神疾患を持っている人が行く場所であり、世間一般の人には関係のない場所とされていました。しかし、現在では、世間一般の人でも悩みを話す場所として、心理カウンセリングが用いられています。

 

心理カウンセリングの目的は「治療」ではない!

 

心理カウンセラーは、臨床心理士や精神科医とは大きく異なることがあります。それは、心理カウンセリングは治療目的で行われることがない、ということです。

 

臨床心理士や精神科医は治療することが目的なので、薬を用いたりすることがあります。しかし、心理カウンセラーは薬を用いることなく、話を聞くという極めてシンプルな技法を用います。そして、心理カウンセラーは、クライアント(相談者)の悩みを解決したい、という気持ちをサポートすることが目的となるのです。

 

そのため、比較的、症状が軽い心の不調に対してのケアを行っていきます。それだけでなく、精神科医や臨床心理士が治療を行った後、日常生活に復帰するためのアフターケアも行っています。

 

いろいろなカウンセラー

 

心理カウンセラーは時として、名前が変わることがあります。例えば、ひきこもりや不登校のケアに従事する人を、スクールカウンセラーと言ったりします。

 

元々、カウンセラーとは相談相手を意味する言葉となっています。そのため、○○カウンセラーという職業は、○○に入る言葉に対して、知識や経験が豊富な相談相手、ということになるのです。ですので、男女の心の動きについての知識が豊富な婚活カウンセラー、美容に特化した美容カウンセラーなど、カウンセラーと名が付く職業が多くあるのです。