「心理カウンセラーって実際どうなの?」有資格者の声を聞きました記事一覧

心理カウンセラーの資格に興味を持ったきっかけ私はどちらかというと、物事はこうあるべき、と固定的に考えるくせがあり、また自分の考えの方が他人の考え方よりも正しい、という傾向がありました。ただ、子どもが生まれてから少しずつこの考え方を変えていく必要があるのでは?と思うようになりました。いろんな考え方をする人がいることへの驚きその理由のひとつは、子どもが保育園や学校へ行くようになり、これまでの仕事仲間と...

心理カウンセラーの資格を取得するために、一生懸命に勉強しました私が選んだ心理カウンセラー資格講座(メンタル心理カウンセラー&上級心理カウンセラーのW講座)の標準の受講期間は、それぞれ4カ月程度でした。ですが、みっちり詰め込んで、4カ月で両方とも資格を取ってしまおうと気合を入れました。【関連記事】メンタル心理カウンセラーについて【関連記事】上級心理カウンセラーについて心理カウンセラー資格講座の教材に...

現在、メールによる「アロマカウンセリング」の活動をしています資格取得後は、いわゆる心理カウンセラーとしてではなく、それ以前からずっと勉強してきたアロマテラピーと組み合わせて、「アロマカウンセリング」を始めました。今はアロマテラピーの講師と並行して「メールでアロマカウンセリング」というサービスを提供しています。自分のウェブサイトを作り、メールでカウンセリングをしながら、オリジナルのアロマブレンドを作...

心理カウンセラーの資格をとろうと考えた理由いつも勉強や就職に役立たないことばかりを考えてきた。それを活かせるのが、哲学者か小説家か心理カウンセラーだと思った。だが、哲学者になったところで、大学の教授になるか、中学・高校の社会や倫理などの先生になるかで、結局私のくだらない考えごとが仕事に活きるかというと、そうでもない。また、小説家になっても、売れるかどうかわからない。それほど文章力もなければ、ネタが...

心理カウンセラーの仕事は楽しさもあるがキツイことも多い(どんな職業もそうだが…)資格を取るまでにも金がかかるが、資格を取ってからも学会やSV、教育分析など、なにかと金がかかる。だから、貧乏してでもやりたい仕事でないならやらない方がいい。仕事は楽しさもあるが、正直キツいと思うこともたくさんある。精神的なキツさや、経済的なキツさの両方の意味でキツい。カウンセリングのどこに楽しさを感じるかは人それぞれだ...

心理カウンセラーは常に勉強し、向上する意識が必要カウンセリングし始めの頃はひたすらカウンセリングの本を読んだ。私が読んだものであれば、A・ストーさんの「心理面接の教科書」や熊倉伸宏さんの「面接法」など。他に認知行動療法(CBT)の勉強も役立つ。認知行動療法は苦手でも、少しはできるようになっておいた方がいい。特にマインドフルネスは使いやすい。今読んでいるのは、マシュー・マッケイさん他「弁証法的行動療...

教育の仕事をしていて、メンタルケアの必要性を痛感していました私は新卒時から昨年まで教育の仕事に携わっておりまして、主に相談業務に乗ることが多くありました。中学生向けの塾に勤務していたときは主に進路相談という事で高校進学の相談を保護者も交えて行っておりました。また通信制高校に勤務していた際も進路相談もあったのですが、それ以前に不登校経験者やうつ・発達障害により全日制高校から転校してきた生徒が大半であ...

心理カウンセラー養成講座の内容1年間の養成講座でしたが、面接実習は月に1〜2回程度でした。いくつか教室が分かれておりましたが、私のいた教室は40人前後で、職業も私のような教員から一般企業の管理職の方からさまざまなところで活躍している方が多く、お昼休みなどは異業種交流会のような感じてとても有意義な時間でした。面接実習は初期・中期・後期と1年の中でもレベルを分けて行っており、心理関連を始めて学ぶ方でも...

心理カウンセラーの資格試験について試験は筆記試験と実技面接試験の2つありました。筆記試験はマークシートで行い、第一部が知識試験で主にテキストからの出題、第二部がカウンセラーとクライエントとの逐語記録を読み、問題に答えるという内容でした。知識問題は発売されている問題集以外にも最近の労務関連の法律などにも触れておく必要があります。逐語記録問題は養成講座でも何回か触れる機会がありますので、復習しておく程...

心理カウンセラーになるため臨床心理士の資格を目指すことに私は3年前に臨床心理士資格試験を受験し、臨床心理士になりました。現在は出産育児のためお休みしていますが、これまでの経緯や業務内容、大学院での体験をご紹介させていただこうと思います。臨床心理士の資格証明証1枚目の写真が臨床心理士資格証明証です。この資格を取得しようと思い始めたのは、私が高校2年生の頃でした。元々、精神障害を抱えている者が身内にい...

臨床心理士の資格取得を目指して大学院に進むことに大学院入試は、単純に単語を覚えていればいいというものではありません。臨床心理に関する単語を正しく説明できること、ある事象について自身の考えを知識を踏まえて説明できることが求められることが多いです。テキスト1冊をしっかり学んだものの、これだけでは正直なところ勉強が足りないと思いました。大学には、臨床心理学を専門とする教授もいらっしゃったので、その先生に...

臨床心理士の資格試験について臨床心理士資格試験を受ける資格を取得できる大学院の中でも、第1種指定校の場合ですと、大学院で2年間勉強した次の年に臨床心理士試験を受けることができます。大学院の勉強の中でも、資格試験をパスするための多くの知識や経験を得ることができますが、さらなる勉強も必要になります。そこで私が使ったのが4枚目の写真のテキスト(こちらもカバーがなくてすみません)です。資格試験をパスするた...

このページの先頭へ戻る