【体験談】メンタル心理カウンセラー&上級心理カウンセラー

 

 

日本能力開発協会認定の「メンタル心理カウンセラー」と 「上級心理カウンセラー」をお持ちの女性にお話をうかがいました。もともとアロマテラピーの講師などされていて、現在は心理カウンセラーのスキルを組み合わせて「メールでアロマカウンセリング」というサービスを提供していらっしゃるそうです。アイデアを活かして、資格をうまく有効活用されていらっしゃるのが参考になるのではないかと思います。



 

 

1.心理カウンセラーに興味を持ったきっかけ

 

私はどちらかというと、物事はこうあるべき、と固定的に考えるくせがあり、また自分の考えの方が他人の考え方よりも正しい、という傾向がありました。ただ、子どもが生まれてから少しずつこの考え方を変えていく必要があるのでは?と思うようになりました。

 

その理由のひとつは、子どもが保育園や学校へ行くようになりこれまでの仕事仲間とはまったく違った業種のママたち、専業主婦のママたちなど様々な人と関わるようになったことが大きいと思っています。世の中にはこんなに色々な考え方をする人がいるんだなという驚きもあり、自分のこれまでの常識でだけでは通じない部分に直面することもありました。

 

「メンタル心理カウンセラー」の資格証

 

それでも最初のうちは、相手の考えがおかしいと思うこともあったのです。しかし子育てをしている中で、こんなに固定的な考え方をしていたら、そのうち子どもたちと話が合わなくなるのではないか、自分がこう思うという考え方を押し付けるようになって、子どもとの関係が悪くなるのではないかと思うようになりました。

 

元々心理学に興味があったのですが、心理カウンセラーについての勉強をしてみようと、どんな資格があるのか調べてみました。

 

2.通信教育でとれる心理カウンセラー資格を選びました

 

一般的に「資格」として通用する(履歴書に書ける)のは認定心理士と臨床心理士でしたが、こちらは大学で新理系の学部を出ている、大学院まで行っているなどの条件が。放送大学などでも単位が取れることはわかりましたが、将来的に挑戦するのは良いとして、今すぐどうにかなるものではないなと思い、民間資格を探すことにしました。

 

カウンセラーやコーチのスクールはいくつもありましたが、基本の資格だけでもだいたい3〜6カ月くらいかかること、その後上位資格がいくつもあって、本格的に仕事に役立てるのにはそれなりに時間がかかりそうでした。

 

そこで選んだのが通信教育でとれる心理カウンセラーの資格でした。料金は基本の資格と上級の資格のセットで、早割などもあり7万円ほどでした。

 

カウンセリングの形には、対面、電話、メールなど色々形がありますが、私はメールカウンセリングを専門にしたかったので、通信教育という形は逆に良かったかもしれません。

 

3.資格取得に向けて一生懸命に勉強しました

 

標準の受講期間はそれぞれ4カ月程度でしたが、みっちり詰め込んで、4カ月で両方とも資格を取ってしまおうと思いました。

 

教材は、テキストとDVD、補足資料もあり、充実していたと思います。テキストは本当に基本的なことばかりで、カウンセラーとして仕事をしてくならさらに勉強しないといけないことはわかりましたが、ポイントがわかりやすくまとめてありとても読みやすく、わかりやすいものでした。今でも時々見返すことがあります。

 

分かりやすい教材で勉強しやすかったです

 

特にDVDはクライアントが実際に悩みを相談している場面などもあり、自分がカウンセラーならどう答えるか、ということを実践形式で勉強できるので良かったです。クライアントも若い女性から年配の管理職まで幅広く収録されていたのでとても参考になりました。

 

それにしても、自分の世界を脇に置いてただ相手の話を聴くということがこれほど難しいことだとは思いませんでした。どうしても相手の言うことに対して批判したりジャッジしたりする気持ちが出てきてしまうので、繰り返しテキストやDVDを見ることで、カウンセラーとしての心構えもしっかりと学ぶことができたと思います。基本的な用語やカウンセリングの技術を覚えることはもちろん不可欠ですが、一番大事なのはカウンセラーの心のあり方なのではないかということを学べました。

 

4.資格試験は思っていたより難しくて大変でした

 

試験は在宅での筆記試験でした。正直言って、テキストを見ながら試験を受けられるのですから満点を取れて当たり前、と思っていました。

 

ところが実際にやってみるとなんと難しかったことか。単に用語や技法を覚えるだけでは答えを書けない問題ばかりでしたので、苦戦しました。全て理解しているつもりでしたが、まだまだ応用力がついていないのだと痛感し、もう一度最初からしっかりと復習し、期限までに提出することができて、無事合格しました。それでも、満点ではなかったのが少し残念したが。

 

5.無事に合格! しかし合格してからの勉強がもっと重要です

 

合格したのは素直に嬉しかったです。試験も難しかったので、通信教育でも自信を持ってカウンセラーを名乗れると思いました。

 

こちらは「上級心理カウンセラー」の資格証

※メンタル心理カウンセラーと同時取得できる講座を選びました

 

しかし、合格したからこれで終わりではなく、合格したからこそもっと勉強したいという気持ちになり、さらに心理学やカウンセリングの本を買って勉強を続けました。カウンセラーの知人に誘われて勉強会などにも出るようになりました。

 

6.カウンセラーとしての活動はメールカウンセリングが中心です

 

メンタルカウンセラーとしてではなく、それ以前からずっと勉強してきたアロマテラピーと組み合わせて、「アロマカウンセリング」を始めました。今はアロマテラピーの講師と並行して「メールでアロマカウンセリング」というサービスを提供しています。自分のウェブサイトを作り、メールでカウンセリングをしながら、オリジナルのアロマブレンドを作るサービスです。もちろん、悩み事の相談だけでも受け付けていますので、メールで相談できます。クラウドソーシングなども利用して、商品提供をしています。

 

メールカウンセリングを選んだ理由

 

私がメールカウンセリングという形を選んだのは、自分の時間がないママたちの悩み事を解決するサポートがしたいと思ったからです。私自身、1日外で仕事をし、帰ってくれば家事に子どもの世話にと、自分の時間などほとんどありません。だから、仮にカウンセリングを受けてみたいと思っても受けにいく時間がないのです。

 

外に行けないなら電話カウンセリングという方法もありますが、家で電話すれば家族に聞かれますし、もちろん職場でもそんな時間はありません。そんなときにメールカウンセリングなら、時間や場所を選ばずに何でも相談できます。パソコンでもスマホでも携帯でもできます。これなら時間のないママたちの悩みも聞けますし、私自身、どこへ行ってもパソコンひとつあれば仕事ができます。それでメールカウンセリングという形が一番良いと思いました。

 

対面で話すことが苦手、人と会話が続かないなど話すことへの苦手意識がある人でも書くことなら得意、という場合があります。しかも、メールには書くことで自分の気持ちを再確認し、心の整理ができること、そして自分が書いたものも、カウンセラーの回答も、何度も読み返すことができるというメリットがあるのです。対面のカウンセリングにはできないことです。

 

今後の活動予定

 

以前は会社員でしたので日中の活動が難しかったのですが、今はフリーランスになり時間もできたので、メールカウンセリング以外にSkype相談などもやっていこうかと思っています。対面で話をしたけれど、近くにカウンセラーがいない、子どもが小さくて家からなかなか出られないというママたちのサポートをしたいと思っています。

 

7.これから心理カウンセラー資格を目指す人へアドバイス

 

カウンセラーはまだ民間資格のひとつで、正直その質、レベルはピンキリだと思います。しかしそれはどんな仕事でも言えることで、自分の努力次第で実力をつけられると思っています。また、努力はし続けなくてはいけないです。

 

カウンセリングは、人の心に踏み込むとてもデリケートな仕事で、場合によっては人の人生をも変えてしまうかもしれません。ですから、まずは自分自身の問題を解決しておくこと、自分がしっかりと自分の人生を生きていることが大切だと思っています。

 

今でも勉強を続けています

 

あるキャリアカウンセラーに、メールカウンセリングなんてカウンセリングじゃない、通信教育なんて勉強したうちに入らない、そんなものはカウンセリングとはいえない、時間とお金の無駄だったね、と言われたことがあります。でもそんなことを平気で言うこの人の方が、可哀相だと思いました。私が実際にメールカウンセリングをし、その時の心の状態にあったアロマをブレンドして差し上げた時に、皆様とても喜んで下さいました。だから私は、自分が勉強してきたことが無駄だったなんて、微塵も思っていないのです。

 

カウンセリングには色々技法もあり、教える側にも様々なカウンセラーがいます。でも本来必要なのは、技法だと資格ではなく、相手の立場に立って話を聴く、相手の世界観をそのまま受け止めるということなのです。その気持ちさえあれば、どのような資格にチャレンジするとしても、きっといいカウンセラーになれると思います。

 

 

「メンタル心理カウンセラー資格取得講座」の資料はこちら

「メンタル総合心理W資格取得講座」の資料はこちら

 

※「W資格取得講座」で「メンタル心理カウンセラー&上級心理カウンセラー」を同時取得できます。
※どちらも履歴書に書ける価値ある資格です。