心理カウンセラー有資格者の声【宮本さん】に聞きました 第1話

 

教育の仕事をしていて、メンタルケアの必要性を痛感していました

 

私は新卒時から昨年まで教育の仕事に携わっておりまして、主に相談業務に乗ることが多くありました。中学生向けの塾に勤務していたときは主に進路相談という事で高校進学の相談を保護者も交えて行っておりました。

 

また通信制高校に勤務していた際も進路相談もあったのですが、それ以前に不登校経験者やうつ・発達障害により全日制高校から転校してきた生徒が大半であり、自己肯定感がとても低く、まずメンタルケアの必要性を感じておりました。

 

しかし専門的知識は乏しく、心理学は大学の教職課程で学んだ程度でしたので、一度時間を取って専門的なところで学びたい気持ちはあったものの、多忙な日々に追われてしまっており、なかなか本格的な勉強に踏み切れない状況でした。

 

上司のパワハラが心理カウンセラーの資格をとろうと思ったきっかけ

 

そのような中で勉強のきっかけを作ったのが、「上司のパワハラ」でした。

 

新人の先生に辛く当たったり、産休明けの方に嫌味を言ったり、など他の上司の方も顔をしかめておりましたが、その上司は人事の実権を握っておりましたので、言うに言えない雰囲気が蔓延しておりました。

 

案の定、私のところへも数字が悪いなど嫌味を言ってきましたが、私は何故そんな事を言うのか、逆に知りたくなってしまったのです。そして知り合いにその状況を話したところ、「産業カウンセラー」という資格を紹介してくれました。

 

産業カウンセラーという心理カウンセラー資格に挑戦することに

 

資格のHPを見ると、カウンセリングプロセスの基礎基本、心理関連、労務関連、とさまざまな項目が学べることが分かりました。

 

資格を取得するには、まず養成講座を受講する必要があるとのこと。さらに、その養成講座は通信講座でもスクーリングで土日の面接実習が必要とのこと。

 

不規則な勤務形態では参加は難しいかなと悩みましたが、自分の中で次のステップに踏み出したい気持ちが強くなり、退職後派遣で一般事務の仕事に就きながら勉強を進めました。

 

産業カウンセラーの資格取得のプロセスについて

 

産業カウンセラーの資格取得を目指すには、まず受験資格が必要となります。心理系の大学出身者は既定の履修科目があれば受験できますが、そうでない方は養成講座で既定時間の面接実習の出席と課題レポートの提出が必須となります。

 

養成講座も2パターンあり、7か月の通学講座と1年間の通信講座があります。申込みの時期が決まっておりますので、いつでも始められるというわけではありませんので、そこは注意が必要かと思います。

 

私は通信講座を選択し、自宅では課題レポート、面接実習ではグループになってカウンセリング実習を行いました。

 

しかし、あくまでこの養成講座は受験資格を得るまでのものになります。実際の試験は「筆記試験」と「実技面接試験」の2つをクリアしなければなりません。

 

 

筆記試験は養成講座申込みときにテキストが自宅に届きますので、そのテキスト(400ページはあると思います)を丸暗記する必要があります。内容はカウンセリングの技法、歴史、心理学一般知識、心理学検査、労務知識…などなど非常に幅広いです。

 

試験問題集の販売もありますが、基本ラインはテキストなので、試験前までにしっかりと頭に入れる必要があります。(養成講座の先生からは4回テキストを読んでください、とアドバイスされました)

 

面接試験においては、養成講座である程度の基準が認められた方に関しては免除になりますが、イマイチ基準がよく分からぬままです。私は基準に達しなかったので、実技面接試験を受けております。

 

この実技面接は、ペアになった受験者がカウンセラー役とクライエント役にそれぞれなり、5分程度のミニカウンセリングを面接官の前で行う、というものです。「筆記試験」と「実技面接試験」の両方が6割以上と認められた方が合格となります。

 

まとめますと、「養成講座にて既定の出席と課題レポートを提出」→「筆記試験」→「実技面接試験」→合格 という流れになります。

 

心理カウンセラー有資格者【宮本さん】第2話


このページの先頭へ戻る