心理カウンセラー有資格者の声【武田さん】に聞きました 第1話

 

心理カウンセラーになるため臨床心理士の資格を目指すことに

 

私は3年前に臨床心理士資格試験を受験し、臨床心理士になりました。現在は出産育児のためお休みしていますが、これまでの経緯や業務内容、大学院での体験をご紹介させていただこうと思います。

 

臨床心理士の資格証明証

 

1枚目の写真が臨床心理士資格証明証です。この資格を取得しようと思い始めたのは、私が高校2年生の頃でした。

 

元々、精神障害を抱えている者が身内にいたことから、「なぜそのようになるのか」、「どうしたら治るのか」ということに興味を持ち始めたことが、私がこの職業に就くきっかけだったと思います。

 

そのような前向きな動機もありますが、大学受験という進路選択を迫られて、「自分自身ができること」というものが見当たらなかったという理由もあり、なんとなく心理学を勉強してみたいという曖昧な動機も正直なところありました。

 

心理学を勉強して何に生かせるのかといえば、やはり心理カウンセラーしかないだろうと当時の私は考え、ややはっきりしない意思ではありましたが、臨床心理学の魅力にどんどん引き込まれていき、臨床心理士になるという目標が徐々に明確になっていったように思います。

 

「精神保健福祉士」と「臨床心理士」の資格について

 

私が進学した大学は、臨床心理学をはじめとした心理学の授業もありましたが、基本的には福祉の勉強をする大学でしたので、障害などの生きにくさを抱えた方をどのように支援するかをメインに学びました。

 

その中で、自身にとって精神障害というものは身近なものでしたので、大学卒業と同時に「精神保健福祉士」の資格も取得したいと考えました。

 

「精神保健福祉士」と「臨床心理士」の仕事は、重なる部分もいくつかありますが、考え方、知識、対象者の方への接し方が根本的に違います。

 

臨床心理士として働く中で、精神保健福祉士や看護師、そして精神科ドクターと連携しながら仕事することはしばしばあります。その上で、それぞれの職業の違いを知っておくことは非常に大切になってきますので、そのためにも私は「精神保健福祉士」を取得しました。

 

また、そのための勉強の中で、臨床心理士としても関わることの多い、精神的病理についても学ぶことができたのは、大変良かったと思います。

 

臨床心理士を目指して大学院入試試験の勉強をしました

 

通っていた大学には、臨床心理士資格をとるための大学院もありましたので、大学卒業後、そこに入学するために、大学3年後期から大学院入試試験のための勉強をしました。そこで使用したのが、2枚目の写真の参考書と辞典です。

 

大学院入試試験のために勉強した参考書と辞典

 

基本的には赤いテキスト(カバーがなくなっていて申し訳ないです)を使いながらノートを作成し、その中で出てきた単語を辞典でも調べながらより深い知識を身につけるように心がけていました。

 

大学院によっては、過去の入試問題を配布してくれるところもあるので、私は県内の大学院と臨床心理学では有名な京都大学大学院の過去問を集め、解いていきました。

 

その中で問題の傾向をつかむこともできましたし、テキストだけでは足りない知識を埋めていくことができました。

 

心理カウンセラー有資格者【武田さん】第2話


このページの先頭へ戻る