心理カウンセラーとして働くには、どの心理療法をマスターすべきか?

 

心理カウンセリングにはいろいろな療法があります。では、心理カウンセラーとして働くには、どのような療法をマスターすべきでしょうか?

 

じつを言うと、心理カウンセラーとして働くのであれば、どれかひとつの療法をマスターするだけでは不十分です。つまり、「どの療法も知っておくべき!」ということになります。

 

なぜ、どの療法も知っておくべきなのでしょうか。

 

クライアントによって適した療法が異なる

 

それは、ひとつの療法をマスターしたとしても、適切にクライアントと関わることができないからです。

 

一般的には、来談者中心療法を用いて心理カウンセリングを行っていきますが、それ以外にも認知行動療法などが必要なクライアントがいます。

 

クライアントの悩みや性格などによって、療法を変えていく必要があるわけです。そのために、ひとつの療法だけをマスターするのではなく、さまざまな療法を扱えるように訓練する必要があります。

 

全ての療法を熟知したうえでひとつに絞るのはあり

 

もちろん、どれかの療法に特化している心理カウンセラーも存在します。なぜかというと、どれかの療法に特化している心理カウンセラーは、熟練の心理カウンセラーなのです。

 

つまり、全ての療法を熟知したうえで、より専門的に知識を増やしたり経験を増やすことで、ひとつの療法に特化した心理カウンセラーとなることができるのです。

 

長年の経験から、心理カウンセラー自身に合った療法や心理カウンセリングを受けにくるクライアントの傾向によって、専門性を高めていく心理カウンセラーが多いようです。

 

そのため、心理カウンセラーになりたい人や心理カウンセラーの資格を取得したばかりの人は、専門性を高めるのではなく、全ての療法を扱えるように訓練した方がいいわけです。

 

専門性を高めていくことは、経験をある程度積んだ後でも遅くはないということです。

 

心理カウンセリングを自分でも受けるべきか?


このページの先頭へ戻る