クライアントの親など、第三者から状況説明を求められたらどうする?

 

クライアントの親など、第三者から状況説明を求められたらどうすればいいのでしょうか?

 

第三者から説明を求められるケースは実際にありますが、この場合は「説明をしなくてよい」、あるいは「説明してはいけない」というのが基本的なスタンスです。

 

心理カウンセラーには守秘義務が課せられますので、親であっても、ましてや第三者に状況説明をすることは決してありません。

 

「クライアントの不利益になることはしない」が原則

 

仮に状況説明をするとなると、なぜクライアントが心理カウンセリングを受けているのかを話さなくてはいけなくなります。そのようなことをするとクライアントの不利益になる可能性が高いです。

 

クライアントの不利益になるようなことは、極力避けなくてはいけないというのが基本的な考え方です。

 

もちろん、事前にクライアントからの了承を得ていれば、説明してもよいのですが、だからと言って全てを話してはいいわけではありません。

 

心理カウンセラーにとっては、クライアントこそが大事です。なので、クライアントに何らかの不都合が生じないよう十分に配慮しつつ、必要な部分のみを説明するようにしましょう。

 

もし、クライアントの了承なしに話してしまえば、心理カウンセリングによって築き上げたラポール(信頼)が崩れてしまい、その後の心理カウンセリングに大きな影響を与えることとなります。

 

最悪の場合、クライアントの症状が悪化したり、心理カウンセリングに来なくなってしまうなどが考えられます。心理カウンセラーの守秘義務は、とても大切なものなんです。

 

クライアントが子供の場合は?

 

第三者には説明してはいけないというと、「親でもいけないのか?」と疑問に思うかもしれません。なぜなら、未成年が心理カウンセリングに来た場合、親なら当然、知っていなくてはいけないこともあるからです。

 

また、両親に心理カウンセリングに来ていただいたり、治療の一環として力をお借りする場合もあります。そのような場合に、説明せずに力をお借りすることはできません。

 

ですので、そのようなことがあるかもしれない場合には、インテーク面接ときに、クライアントに説明しておくとよいでしょう。クライアントがどうしても望まないときは、別の療法を用いることが望ましいです。

 

カウンセリングが延長した場合には追加料金を請求できるか?


このページの先頭へ戻る