あなたにピッタリの心理カウンセラー資格はどれ?!

 

 

このページでは、代表的な心理カウンセラーの資格を厳選して、それぞれ簡単に概要をまとめてみました。

 

あなたにピッタリの資格を選ぶための参考にしてください。


 

 

【1】心理カウンセラー資格の一覧表

 

<1>
NLPプラクティショナー

心理カウンセラーの資格というよりも、コンサルタントやコーチを目指す人に向いている資格です。成功するための思考パターンが身につくため、自分自身の目標達成にも役立つ資格です。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通学講座
  • 40万円程度

<2>
日本応用カウンセリング審議会認定カウンセラー

心理クリニックを母体とする教育機関が認定する心理カウンセラー資格です。実際のカウンセリング現場を見ながら学べるため、即戦力としての知識とスキルが身につきます。(指定校:APC心理教育学院)

  • 通学講座
  • 19万円程度

<3>
産後ケアリスト

「産後うつ」になる女性が少なくないのですが、心理面での適切なサポートができる人材が非常に少ないのが現状です。そのため、産後ケアリストは、今、非常に注目されている資格のひとつです。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通学講座
  • 2級:7万円程度

<4>
メンタルヘルス・マネジメント検定

企業で働く従業員が、うつ病などで働けなくなるケースが増えています。そのような精神的に不調を抱えている従業員に対して、心のケアができる知識とスキルを有していることを示す資格です。(指定校:ユーキャン)

  • 通信講座
  • 4万円程度

<5>
上級心理カウンセラー

通信講座で取得できる資格でありながら、一定の社会的信頼性を有している資格です。忙しくて通学講座は無理という方で、それでもプロを目指したいという本気の方に人気があります。(指定校:キャリアカレッジジャパン)

  • 通信講座
  • 7万円程度

<6>
メンタル心理カウンセラー

上記の上級心理カウンセラーと同じ協会が認定する資格で、より初心者向けの資格になります。人間関係の改善など、日常生活にカウンセリングのスキルを活かしたい方に向いています。(指定校:キャリアカレッジジャパン)

  • 通信講座
  • 3万円程度

<7>
メンタルケア・アドバイザー

「カウンセリングチャート」を使用した精神分析法を習得していることを示す資格です。数あるカウンセリングの技法の中から、「カウンセリングチャート」に絞って学べるためマスターしやすいです。(指定校:がくぶん)

  • 通信講座
  • 5万円程度

<8>
メンタルケアカウンセラー

通信講座で取得できる初心者向けの資格ですが、業界で有名な「3つの団体」から認定を受けている注目の資格です。試験なしで資格が取れるので、とりあえず資格がほしいという方に最適です。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通信講座
  • 5万円程度

<9>
メンタルケア心理士

上記のメンタルケアカウンセラーの上位資格です。認定試験(筆記)もあるので、より本気度の高い人向けになります。同様にトリプル認定を受けていて、一定の信頼性を有している資格です。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通信講座
  • 6万円程度

<10>
メンタルケア心理専門士

上記のメンタルケア心理士のさらに上位資格です。認定試験にはカウンセリングの実技試験も含まれるため、かなり高度な資格と考えていいです。もちろん履歴書にも堂々と書けます。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通信講座
  • 12万円程度

<11>
ケアストレスカウンセラー

ストレスから心を守る「ストレスマネジメント」の技術を有していることを示す資格です。厚生労働省認可団体の認定資格なので、通信講座で取得できる資格の中では信頼性が高いです。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通信講座
  • 4万円程度

<12>
青少年ケアストレスカウンセラー

上記ケアストレスカウンセラーの「青少年版」です。教育関係のお仕事をされている方や、子育てをされている方にとって、とても有益な資格です。履歴書にも書けるので、幅広く活躍できます。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通信講座
  • 6万円程度

<13>
高齢者ケアストレスカウンセラー

上記ケアストレスカウンセラーの「高齢者版」です。介護施設や各種病院等にお勤めの方にとって、ワンランク上のサービスを提供できる人材であることを示すことができる資格となっています。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通信講座
  • 6万円程度

<14>
企業中間管理職ケアストレスカウンセラー

上記ケアストレスカウンセラーの「企業中間管理職版」です。年功序列の終身雇用制度が崩壊した今、リストラなどによるストレスフルな職場が増えています。職場の人間関係を円滑にするために役立つ資格です。(指定校:ヒューマンアカデミー)

  • 通学講座
  • 50万円程度

<15>
ひきこもり支援相談士

一度ひきこもりになってしまうと、社会との接点がなくなってしまい、ますます社会復帰が難しくなってしまいます。ひきこもり支援相談士は、解決策の見えにくいひきこもりの問題に適切に対処できるスキルを持つ専門家です。

  • 通信講座
  • 4万円程度

<16>
不登校訪問専門員

不登校の問題は今や社会問題となっています。不登校の原因はさまざまで、友人関係であったり、教師との関係であったり。不登校訪問専門員は子どもたちの不安定な内面をサポートできる専門家として期待されています。

  • 通信講座
  • 4万円程度

<17>
EAPメンタルヘルスカウンセラー

EAPとは、1980年代に米国で生まれた「従業員支援プログラム」のことです。心に不調を抱えている従業員を適切にサポートし、企業の生産性を改善させるプログラムになります。(指定校:リカレントメンタルヘルススクール)

  • 通学講座
  • 45万円程度

 

【2】あなたにおすすめの心理カウンセラー資格

 

心理カウンセラーの資格はいろいろありますが、ここで重要なことは、どの資格があなたに合っているかということです。

 

そこで、あなたに合った資格を選ぶための参考として、4つのニーズに分けて、個人的なおすすめの資格をピックアップしてみます。ここから、あなたの気に入った資格を選んでみてください。

 

心理カウンセラーの資格をどのように活かしたいかがポイント

 

 

1.プロの心理カウンセラーになりたい

 

プロの心理カウンセラーを目指すなら、メンタルケアについてしっかり学べる資格を取得するといいです。クライアントは過去につらい経験をしたり、コンプレックスやトラウマを抱えているなど、心の状態がマイナスになっています。

 

しかし、クライアント自身は、何が原因でそうなっているか分かっていなかったり、原因は分かっていても対処法が分からずに苦しんでいたりします。

 

そこで、何が原因で苦しんでいるのか理解する手法であったり、マイナスの状態からノーマルな状態にまで引き上げてあげる手法であったりを身につけることが大切になります。

 

このような観点から、プロの心理カウンセラーを目指す場合のおすすめの資格を選んでみました。次の3つをチェックしてみてください。

 

 

2.コミュニケーション能力を高めたい

 

もし、他人とのコミュニケーションに苦手意識を持っているなら、コミュニケーションのやり方を一度しっかり学んだほうがいいです。コミュニケーションには心理学的な知識とスキルが非常に有効で、知ってるか知らないかで効果性が何倍も違ってくるものだからです。

 

コミュニケーションには一定のルールみたいなものがあります。逆に言うと、自己流で試行錯誤する必要はありません。相手の言葉をどのように聞けばいいのか、そして相手に対してどのような言葉づかいをすればいいのか。すべて心理学的に解決できます。

 

ということで、コミュニケーション能力を向上させるのに役立つ資格を、いくつか選んでみました。特に「神経言語プログラミング(NLP)」を学ぶと、コミュニケーションに劇的な変化を感じられるはずです。

 

 

3.自分自身のネガティブな部分を改善したい

 

心理カウンセラーの資格に興味を持つ人の多くが、自分自身の心の中に「ネガティブな要素」を持っているものです。過去に辛いことがあったり、トラウマになるような衝撃的な経験をしている人が少なくないわけです。

 

そのような人にとって、心理カウンセラーの資格はとても役に立ちます。なぜなら、自分の心の状態がどうなっているのか、心理学的な観点から客観的に理解できるようになるからです。

 

自分が今、どうしてこんなに辛いのか。どうしてこんなに苦しいのか。心理学的なしくみと、それを解きほぐす具体的な手法を知ることで、これまでの自分とは違う、本来の自分を取り戻すことができるはずです。

 

ということで、自分自身のネガティブな部分を改善するのに役立つ資格を、いくつかピックアップしてみました。自分自身の心の状態が解決したら、次は同じように悩んでいる第三者を助けてあげてください。

 

 

4.目標達成のツールとして活用したい

 

例えば、社内で営業トップになりたいとか、独立起業して成功したいとか、スポーツで好成績を出したいとか、理想の相手と結婚したいとか…。何か「夢」や「目標」を持っているんだけど、どうやって実現したらいいか、わからないってことないですか?

 

このようなケースで、心理カウンセラーの知識とスキルを、目標達成のツールとして利用することができます。自分自身が持っているリソース(潜在能力のようなもの)を最大限に引き出し、パワフルに目標へと向かっていくステート(状態)を作り出せばいいわけです。

 

さらに、目標へと向かっていくプロセスをどうするかについても、心理学的なアプローチで解決できます。人間が取り組むことは、すべて心理学的に整理することができるわけです。

 

ということで、目標達成のツールとして役立つ、心理カウンセラー資格を選んでみました。自分自身の目標達成はもちろんのこと、クライアントさんに対するコーチングにも役立ちます。

 

 

日常生活に心理学を活かしたいなら、一番のおすすめはNLPです。非常に応用範囲の広い資格なので、悩んでしまう場合にはNLPを選んでおくといいです。

 

プロのカウンセラーを目指すなら、上級心理カウンセラー、ケアストレスカウンセラー、産後ケアリストなどもチェックしてみてください。

 

いずれにせよ、パンフレットをいろいろ取り寄せて、時間をかけて比較検討してみるといいです。自分なりに納得して、選ぶのが大切ではないでしょうか。

心理カウンセラー資格の選び方記事一覧

資格名NLPプラクティショナー認定団体米国NLP協会資格の取り方・通学講座(ヒューマンアカデミー)・カリキュラム修了のみ(※試験なし)資格の活用法・コミュニケーション能力の向上・目標達成スキル、自己実現スキルの向上・過去のトラウマの克服資格講座について詳細はこちら【1】NLPプラクティショナーの評価・解説NLP(神経言語プログラミング)とは、Neuro Linguisutic Programmin...

資格名日本応用カウンセリング審議会認定カウンセラー認定団体日本応用カウンセリング審議会資格の取り方・通学講座(APC付属心理教育学院)・所定のカリキュラムを受講+資格試験資格の活用法・アドバンスコースの場合はプロの心理カウンセラー・プライマリーコースの場合はボランティアや日常生活での活用資格講座について詳細はこちら【1】日本応用カウンセリング審議会認定カウンセラーの評価・解説日本応用カウンセリング...

出産後に「産後うつ」になる女性が少なくなく、心理面でのアドバイスやサポートができる人材が求められています。産後ケアリストという資格は、産後に心のバランスを崩してしまった女性に対し、適切なケアができる知識と技術を兼ね備えている人材であることを示す資格です。資格名産後ケアリスト認定団体(財)日本産後ケア協会資格の取り方・通学講座(※2級:4時間×1回、1級:3時間×12回)↓・カリキュラム終了↓・認定...

資格名メンタルヘルス・マネジメント検定認定団体大阪商工会議所資格の取り方・通信講座(ユーキャン)・カリキュラム終了+認定試験(※会場試験)資格の活用法・職場のストレスマネジメント業務・人事、労務、管理職のスキルアップ資格講座について詳細はこちら【1】メンタルヘルス・マネジメント検定の評価・解説メンタルヘルス・マネジメントとは、主に働く人たちの心のケアを行う手法です。仕事や職業生活に不安やストレスを...

資格名上級心理カウンセラー認定団体一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)資格の取り方・通信講座(資格のキャリカレ/キャリアカレッジジャパン)・メンタル総合心理W資格取得講座・カリキュラム終了+在宅試験資格の活用法・日常生活での悩み相談・職場や家庭での人間関係改善資格講座について詳細はこちら【1】上級心理カウンセラーの評価・解説上級心理カウンセラーの資格は、通信講座なので気軽に取得できるのが魅...

資格名メンタル心理カウンセラー認定団体(財)日本能力開発推進協会(JADP)資格の取り方・通信講座(資格のキャリカレ/キャリアカレッジジャパン)・メンタル心理カウンセラー資格取得講座・メンタル総合心理W資格取得講座・カリキュラム終了+在宅試験資格の活用法・職場や家庭でのメンタルヘルス実践・転職などでのアピール材料資格講座について詳細はこちら【1】メンタル心理カウンセラーの評価・解説認定団体は「上級...

資格名メンタルケア・アドバイザー認定団体NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会資格の取り方・通信講座(がくぶん)・カリキュラム終了+在宅試験資格の活用法・子育てなど日常生活に活かせる・社員や管理職の人材育成に活かせる・介護や福祉など心のケアに活かせる資格講座について詳細はこちら【1】メンタルケア・アドバイザーの評価・解説メンタルケア・アドバイザーというのは、病院、養護施設、幼稚園から大学までの教...

資格名メンタルケアカウンセラー認定団体・メンタルケア学術学会・生涯学習開発財団・ヘルスケア産業推進財団※3つの団体が共同認定資格の取り方・通信講座(ヒューマンアカデミーたのまな)・規定の課題を提出・カリキュラム修了で認定(※資格試験なし)資格の活用法・メンタルケアの知識を職場や家庭に活かす・上級資格のメンタルケア心理士を目指す・履歴書に書いて転職に活かす資格講座について詳細はこちら【1】メンタルケ...

資格名メンタルケア心理士認定団体・メンタルケア学術学会・生涯学習開発財団・ヘルスケア産業推進財団※3つの団体が共同認定資格の取り方・通信講座(ヒューマンアカデミーたのまな)・通信添削6回・カリキュラム修了+認定試験(※在宅試験)資格の活用法・医療現場や診療所などでサポート業務・学校などで子どもたちのメンタルサポート・日常生活や職場での円滑なコミュニケーション資格講座について詳細はこちら【1】メンタ...

資格名メンタルケア心理専門士認定団体・メンタルケア学術学会・生涯学習開発財団・ヘルスケア産業推進財団※3つの団体が共同認定受験資格メンタルケア心理士の資格所有者資格の取り方・通信講座(ヒューマンアカデミーたのまな)・カリキュラム終了+認定試験(筆記および実技)資格の活用法・医療や福祉の現場でのメンタルケア業務・職場や家庭でのコミュニケーション・プロの心理カウンセラーとして活躍資格講座について詳細は...

「准ケアストレスカウンセラー」の資格は、平成28年度より名称変更して、「ケアストレスカウンセラー」となりました。ケアストレスカウンセラーとは、文字通り現代社会のストレスとの向き合い方を助言する専門家となるための資格です。資格名ケアストレスカウンセラー(旧准ケアストレスカウンセラー)認定団体(財)職業技能振興会資格の取り方・通信講座(※3ヶ月間)↓・カリキュラム終了↓・認定試験(※会場試験)↓・合格...

自分が青少年だったころのことを思い出してみてください。家族のこと、友達のこと、勉強のこと、家庭や学校で、さまざまなストレスにさらされてきた経験があると思います。一般には、そうしたストレスとうまく付き合いながら成長するものですが、自分一人では解決できずに大きな問題に発展してしまうこともあります。青少年ケアストレスカウンセラーという資格は、子どもから大人になるまでに経験するの青少年のストレスに対する心...

高齢者が増え続けている現代社会において高齢者問題は山積しており、高齢者の立場に立って心のケアをしてくれる人の必要性が増加してきました。高齢者の心にスポットをあて、その心のケアをするのが高齢者ケアストレスカウンセラーです。資格名高齢者ケアストレスカウンセラー認定団体財団法人職業技能振興会受験資格ケアストレスカウンセラーの資格所有者資格の取り方・通信講座(※3ヶ月間)↓・カリキュラム終了↓・認定試験(...

年功序列や終身雇用の廃止など、職場環境が激変するなか、職場におけるメンタルヘルスの重要性はますます増加しています。職場の管理監督者と言う立場から、部下のメンタル疾患にいち早く気づき本人の心のケアを促す資格です。資格名企業中間管理職ケアストレスカウンセラー認定団体財団法人職業技能振興会受験資格ケアストレスカウンセラーの資格所有者資格の取り方・通信講座(※3ヶ月間)↓・カリキュラム終了↓・認定試験(※...

ひきこもりに対する正しい知識を身につけて、当事者本人とその家族に対して訪問して相談にのり支援を行っていくという、ひきこもりを対象とした専門資格です。ひきこもりの数は当該家族にも世間体などあって、表面化されない場合も多いので、全国の正確なひきこもりの数が把握できていないのが現状です。資格名ひきこもり支援相談士認定団体一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協会受験資格特になし資格の取り方・通信講座(※3...

不登校の問題はいまや社会問題になっており、不登校児童の数は年々増加傾向にあります。友人関係や教師との関係に起因する場合が多いようですが、そんな不登校に悩んでる児童や不登校の子を持つ親に対して、訪問支援を中心とした支援活動を行う資格です。資格名不登校訪問専門員認定団体一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協会受験資格特になし資格の取り方・通信講座(※3ヶ月間)↓・カリキュラム終了↓・認定試験(※課題レ...

EAPとは、「Enployee Assistance Program」を略したものだそうで、企業に務める「従業員」を心理的にサポートする支援プログラムのことです。EAPメンタルヘルスカウンセラーの資格所有者は、各企業をはじめとする様々な職場において、精神的に不調を感じている従業員をサポートしたり、不調を早期に発見して深刻な状況に陥るのを防いだり、職場復帰のお手伝いをしたりすることができます。資格名...