メンタルケア心理士

メンタルケア心理士はどんな資格か?

 

資格名 メンタルケア心理士
認定団体

・メンタルケア学術学会
・生涯学習開発財団
・ヘルスケア産業推進財団
※3つの団体が共同認定

資格の取り方

・通信講座(ヒューマンアカデミーたのまな)
・通信添削6回
・カリキュラム修了+認定試験(※在宅試験)

資格の活用法

・医療現場や診療所などでサポート業務
・学校などで子どもたちのメンタルサポート
・日常生活や職場での円滑なコミュニケーション

 

 

【1】メンタルケア心理士の評価・解説

 

メンタルケアカウンセラーの上位資格で、メンアタルケアカウンセラーが講座修了で資格が取得できるのに対して、メンタルケア心理士には認定試験があります。その受験資格も、指定講座修了者以外は認定心理士などの資格保有者や、大学で心理学関係を学んだ者など、受験資格のハードルが高い資格といえます。

 

公的機関の認定資格

 

メンタルケア心理士の資格は、メンタルケア学術協会という公的機関の認定資格です。一般財団法人ヘルスケア産業推進財団の認定も受け、一般財団法人生涯学習開発財団とあわせて3団体の認定資格となっています。認定する団体が多いということは、信頼性が高いということではないでしょうか。

 

全国一斉統一試験

 

メンタルケア心理士の認定試験は、全国一斉統一試験を実施しているため、合格者のレベルの信用性は非常に高いと言えるでしょう。そこで、大学、短大、専門学校などでも、メンタルケア心理士の認定試験を導入しているところがあるようです。

 

臨床心理学が主な学習範囲

 

指定講座の主な学習範囲は臨床心理学です。現代の心理学に至るまでの歴史や、神経、脳、心、からだと精神症状の関係を通して、心理学を臨床的に紐解いていくことにより、カウンセリングの初歩からカウンセリングの知識を活用する力が身につきます。

 

 

【2】メンタルケア心理士の口コミ・評判

 

メンタルケア心理士というのは、厚生労働省に認定されている資格なので、履歴書に書いても恥ずかしくない資格です。本人のがんばりしだいにはなりますが、カウンセラーとして開業している人もいるみたいです。

乱立している心理カウンセラー関係の資格の中では、比較的ポピュラーな方だと思います。この資格を使って直接的に就職が有利になるとか、カウンセラーとしてすぐ生計を立てられるというような資格ではないですが、企業においてもメンタルケアの問題は昨今重要視されてますし、自分自身の心の健康ということを考えても、持っておいて損はない資格だと思います。

メンタルケア心理士は医療現場で働く人におすすめの資格です。医学的な内容もカリキュラムに含まれているので、医療・介護・災害支援現場などで、心のケアをする専門家として活躍できます。

在宅の試験ではありますが、合格率は40パーセントを切る資格なので、難しい部類の資格に入ると思います。受験資格を見ても、指定講座修了者以外は、認定心理士や産業カウンセラーの資格を保有している人など、かなりハードルの高い受験資格が設定されています。なので、簡単に、お手軽に、という考えだと苦労するかもしれません。

ヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座を修了すると受験資格が与えられます。講座の費用は5万円ほど、標準学習期間は4ヶ月ほどです。社会的信頼性の高い資格をこの程度の費用と期間で目指せるのであれば、個人的にお得だなと感じますがいかがでしょうか?

 

 

【3】メンタルケア心理士の詳細情報

 

資格名 メンタルケア心理士
認定団体

・メンタルケア学術学会
・生涯学習開発財団
・ヘルスケア産業推進財団
※3つの団体が共同認定
※メンタルケア学術学会は「日本学術会議協力学術研究団体指定」の学会です。そのため、「メンタルケア心理士」の資格は「公的学会認定資格」として世間一般に認知されています。

資格の取り方

・通信講座(※4ヶ月間)

・通信添削6回

・カリキュラム終了

・認定試験(在宅試験、3、7、9、12月)

資格講座の概要

・通信講座 49,000円(※分割可能)
・受験料 7,700円
・資格登録料 5,600円(※認定証書、資格証カード、資格証ピンバッジ)