青少年ケアストレスカウンセラー

青少年ケアストレスカウンセラーはどんな資格か?

 

自分が青少年だったころのことを思い出してみてください。家族のこと、友達のこと、勉強のこと、家庭や学校で、さまざまなストレスにさらされてきた経験があると思います。一般には、そうしたストレスとうまく付き合いながら成長するものですが、自分一人では解決できずに大きな問題に発展してしまうこともあります。

 

青少年ケアストレスカウンセラーという資格は、子どもから大人になるまでに経験するの青少年のストレスに対する心のケアと、もう一方でそういった青少年の子どもを持っている親のストレスに対する心のケアをしていく資格です。

 

資格名 青少年ケアストレスカウンセラー
認定団体

財団法人職業技能振興会

受験資格

ケアストレスカウンセラーの資格所有者

資格の取り方

・通信講座(※3ヶ月間)

・カリキュラム終了

・認定試験(※会場試験)

・合格者に認定証発行

資格講座の概要

・通信講座 50,000円(※分割可能)
・受験料 8,000円
・登録料 3,000円

 

 

【1】青少年ケアストレスカウンセラーの評価・解説

(1)公的団体による認定で名刺に書ける

青少年ケアストレスカウンセラーもケアストレスカウンセラーの資格を認定している団体と同じ職業技能振興会であり、厚生労働省から正式に認定されている団体なので、そういった団体の認定する資格ということは、おすすめできるポイントです。

 

(2)受験方法が会場受験一本に

昨年度までは、ケアストレスカウンセラー同様、受験方法が会場受験と在宅受験の選択ができていましたが、平成28年度より、指定会場での受験だけになりました。会場受験だけになったということは、難易度がそれだけ上がったということで、資格としての価値も上がったと言えるのではないでしょうか。

 

(3)親と子の両方の心をケア

ストレスのケアというと、どうしても本人のストレスを解放する手段だけを考えがちですが、青少年ケアストレスカウンセラーというのは、青少年だけでもなく青少年をもつ親だけでもない親と子の両方の側面からお互いのストレスをケアしていくので、一方通行にならないところが良いと思います。

 

 

【2】青少年ケアストレスカウンセラーの口コミ・評判


いじめ、不登校、児童虐待、家庭内暴力、引きこもり、犯罪の低年齢化などは、もはや社会問題として定着しています。そういった、青少年の心のケアをする資格なので、特に学校関係で強く求められている資格ではないでしょうか。

 


世の中全体の人を対象とした資格ではなく、青少年に限っての心のケアに特化した資格ですので、一般的な人気が高いとは言えませんが、心多感な青少年や青少年の子どもにもつ親にとっては、切実な悩みがある場合が多いので、そういう人たちにとってはとても良い資格だと思います。

 


青少年の心のケアに特化した資格なので、一般の人の日常生活にはあまり使えないかもしれませんが、それだけに青少年に的を絞っている分、その方面には深く研究されており、青少年の心のケアにかかわっている人にとっては、とても使えるスキルが身につくと思います。

 


青少年ケアストレスカウンセラーの資格も、平成28年度より在宅受験ができなくなりましたので難易度が上がると思われます。また、平成28年度より受験資格もケアストレスカウンセラーの資格保持者であることが必要になっていますので、今後ますます難しくなっていくと思います。

 


通信講座としては、やや高めな価格設定です。標準学習期間も長めの設定です。費用が適切かどうかは微妙なところですが、青少年のストレスに関連した仕事につきたい人にとっては、高すぎるということはないと思います。