EAPメンタルヘルスカウンセラー

EAPメンタルヘルスカウンセラーはどんな資格か?

 

EAPとは、「Enployee Assistance Program」を略したものだそうで、企業に務める「従業員」を心理的にサポートする支援プログラムのことです。EAPメンタルヘルスカウンセラーの資格所有者は、各企業をはじめとする様々な職場において、精神的に不調を感じている従業員をサポートしたり、不調を早期に発見して深刻な状況に陥るのを防いだり、職場復帰のお手伝いをしたりすることができます。

 

資格名 EAPメンタルヘルスカウンセラー
認定団体

特定非営利活動法人(NPO法人)EAPメンタルヘルスカウンセリング協会

資格の取り方

・通学講座(※3〜6ヶ月間)

・講座終了で「カリキュラム修了証」を取得

・認定試験

・試験合格、EMCA協会への入会

・資格の有効期間は5年間(※更新が必要)

 

※更新制のため、資格者の質が常に保たれています。

資格講座の概要

・受講料 378,000円
・教材、実習費用 20,000円
・受験料 学科15,000円、実技20,000円

 

 

【1】EAPメンタルヘルスカウンセラーの評価・解説

(1)社会から切望されている資格

企業にはうつ病などの心の病を患っている人が数多く存在し、自殺を選ぶ人がが毎年3万人もいるそうです。そのような社会背景から、EAP、心理・メンタルヘルスケアの専門知識と実践力を併せ持つ人材が社会から切望されています。EAPメンタルヘルスカウンセラーの資格は、2013年8月に設立されたEMCA EAPメンタルヘルスカウンセリング協会が認定する、比較的新しい資格です。

 

(2)今なら一次試験(学科・論述)が免除

EAPメンタルヘルスカウンセラーの資格は、2013年に生まれた新しい資格です。そのため、2017年までの5年間については、EMCA認定校の指定コース修了生は、一次試験(学科試験)が免除されるそうです。そういう意味では、早めに行動したほうが有利といえるかもしれません。

 

(3)活躍の場が広範囲

EAPメンタルヘルスカウンセラーの資格は、企業や組織で働く人たちの心の不調を対象とする資格です。企業や組織は全国に無数にあるため、やる気次第では非常に幅広い場で活躍することができます。

 

 

【2】EAPメンタルヘルスカウンセラーの口コミ・評判


EAPメンタルヘルスカウンセラーという資格ができてまだ数年しかたっていないため、社会的な認知度はまだまだ低いと思います。それだけに、今のうちにこの資格をとっておくというのもひとつの手です。今なら一次試験が免除される講座もあります。

 


資格として認定されてまだ数年しかたっていないため、人気とか評判が良い悪いというレベルには達していないと思います。これから、EAPメンタルヘルスカウンセラーの方たちの実績が評判を作っていくのだと思います。評判が良くなれば人気も上がるでしょうし、悪ければ下がることになるでしょう。

 


企業におけるメンタルヘルスケアのスキルは身につくと思います。特に、EAPメンタルヘルスカウンセラーは面接を重視する実践的な資格のようですので、EAPの技法によるメンタル不調の予防ともあわせて、メンタルケアのスキルは体系的なものが期待できます。

 


現在はEMCA認定校の指定コース修了生なら一次試験(学科・論述)が免除されますが、二次試験の実技の方が数段難しいとの評判です。自動車の運転免許でもそうですが、学科試験はテキストを覚えれば合格しますが、実技試験はそれなりの実技の練習が必要なようです。

 


まだできて3年ほどの資格で、今後の将来性が見えてこないことを考えると、費用は非常に高価であると思います。学習期間から考えても、この金額は他の資格に比べてかなり高いと言えるのではないでしょうか。とは言え、費用が高いからこそ、本気の人材のみが集まってきているとも言えます。将来的に、ワンランク上の資格として認知されてくるかもしれません。