メンタル心理カウンセラー

メンタル心理カウンセラーはどんな資格か?

 

資格名 メンタル心理カウンセラー
認定団体 (財)日本能力開発推進協会(JADP)
資格の取り方

・通信講座(資格のキャリカレ/キャリアカレッジジャパン)
・メンタル心理カウンセラー資格取得講座
・メンタル総合心理W資格取得講座
・カリキュラム終了+在宅試験

資格の活用法

・職場や家庭でのメンタルヘルス実践
・転職などでのアピール材料

 

 

【1】メンタル心理カウンセラーの評価・解説

 

認定団体は「上級心理カウンセラー」と同じ日本能力開発推進協会で、このページでご紹介する「メンタル心理カンセラー」は入門編にあたる資格です。受験資格は、キャリアカレッジジャパンの通信講座を終了することで得られます。まったくの初心者を対象に、心理学の基礎から学ぶことができ、プロのカウンセラーに最短でなることを目指します。

 

2ヶ月で終了できるプログラム

 

プロのカウンセラーが、通常の大学4年間で学ぶカリキュラムの中から必要な項目だけを抜粋して、1日1時間の勉強を2ヶ月続ければ、カウンセラーとしての基礎が身につくコースになっています。勉強を長く続けるのは苦手という方には向いていると思います。

 

安心なサポートシステム

 

通信講座のイメージは教材だけ送られてきて、あとは自分だけで勉強してくださいというイメージが強いのですが、それをサポートするいくつかのシステムがあります。
・ロールプレイDVD
テキストだけでは説明しにくい「カウンセリングの流れや運営方法」、「トレーニングのポイント」をDVDに収録し、理解を早めます。
・無料カウンセリング実習
現役のプロカウンセラーがテーマを厳選し、カウンセリングを疑似体験することができます。
・質問サポート
サポート期間中なら、何度でも質問できます。同じことに関しても、理解できるまで何度質問しても、丁寧にこたえてくれます。

 

無料延長23ヶ月

 

1日1時間の勉強を2ヶ月続ければ習得できるカリキュラムですが、のんびりゆっくり学びたいという方がいるのも事実です。キャリアカレッジジャパンでは、そんな方のために最大延長23ヶ月は無料で延長ができるシステムになっています。

 

※キャリアカレッジジャパンの講座

 

【2】メンタル心理カウンセラーの口コミ・評判

 

通信教育という性質上、本人の資質による部分が多いため、日本能力開発推進協会の認定するメンタルカウンセラーになっている方のなかで、スキルという面を考えると、かなりの個人差があると思われます。

スクーリングと違って、自宅で一人でコツコツと勉強しいといけないので、私の意志が弱いのか、ついついサボりがちになったりしました。ただ、まったくの初心者でも、心理学の基礎の勉強ができるので、カウンセラーの基礎知識を得たいという人にとっては入門編としておすすめできます。

メンタル心理カウンセラーという資格は、職場や家庭でのストレス管理とか、人間関係改善とか、日常生活に役立つ知識がいろいろ学べます。こういうのを知っているのと知らないのでは、世の中での評価が全然違ってくるように思います。

認定試験を自宅で受けることができるので、極端なことを言えばメンタルカウンセラーの通信講座を申し込んである程度勉強すれば、認定試験はテキストを見ながらもできますし、人に聞いて答えることも可能です。取得ということだけを考えれば、他の心理カウンセラーの資格よりも取得しやすいと思います。

いきなり本格的なスクールに通うとなると、どうしても数十万円の費用がかかってしまいます。そんな費用をかけて、自分に合わないとなると困りますし、まずは通信講座で学んでみるのはとてもいいと思います。

 

※キャリアカレッジジャパンの講座

 

私はどちらかというと、物事はこうあるべき、と固定的に考えるくせがあり、また自分の考えの方が他人の考え方よりも正しい、という傾向がありました。ただ、子どもが生まれてから少しずつこの考え方を変えていく必要があるのでは?と思う...

 

【3】メンタル心理カウンセラーの詳細情報

 

資格名 メンタル心理カウンセラー
認定団体 (財)日本能力開発推進協会(JADP)
資格の取り方

・通信講座(※2ヶ月間、最大23ヶ月の延長可能)

・通信添削4回

・カリキュラム終了

・認定試験(※在宅試験、得点率70%以上で合格)

資格講座の概要

・通信講座 26,000円(※分割可能)
・受験料 5,600円

 

※キャリアカレッジジャパンの講座