メンタルケア・アドバイザー

メンタルケア・アドバイザーはどんな資格か?

 

資格名 メンタルケア・アドバイザー
認定団体

NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会

資格の取り方

・通信講座(がくぶん)
・カリキュラム終了+在宅試験

資格の活用法

・子育てなど日常生活に活かせる
・社員や管理職の人材育成に活かせる
・介護や福祉など心のケアに活かせる

 

 

【1】メンタルケア・アドバイザーの評価・解説

 

メンタルケア・アドバイザーというのは、病院、養護施設、幼稚園から大学までの教育機関や一般企業などの場所で、心理カウンセリングを行う必要性が増えてきたため、メンタル面のケアをするという目的で作られた資格です。

 

メンタルケア・アドバイザーの資格を認定

 

がくぶんのメンタルケア・アドバイザー養成講座を受講すれば、NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会の認定するNPOメンタルケア・アドバイザーの資格が認定されます。

 

短期間で習得できます

 

幅広い分野で研修実績のある「NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会」が監修・指導していて、専任講師たちがサポートしてくれるので、メンタルケア・アドバイザーとしての知識を、自宅にいながら短期間で資格の取得が可能です。

 

資格の需要は多彩

 

メンタルケア・アドバイザーは、病院や介護施設で心のケアをしたり、学校でいじめにあっている生徒の相談にのったり、企業の社員教育や地域でのボランティア活動など、需要とされるところは、多彩であり、かつ豊富です。

 

 

【2】メンタルケア・アドバイザーの口コミ・評判

 

初心者に分かりやすい、実践的なメンタルケアの手法が学べます。例えば、クライアントの悩みをカウンセリングチャートを使って問題点がどこにあるのかを探り、どんな心の教育を受けたらいいかとか、どんなトレーニングを受けたらいいかなど、どのようなアドバイスをすればいいか分かるようになりました。

通信講座のカリキュラムをすすめていくと、無理なく理解が進んでいくように教材が工夫されています。メンタルヘルスに関する書籍もいろいろありますが、通信講座の教材のほうが圧倒的に理解しやすく感じました。

心理カウンセラーになるなら、他の資格の方がいいかもしれません。ですが、メンタルヘルスを日常生活やお仕事(人間関係)に活かしていきたいという目的で学ぶのであれば、こちらのメンタルケア・アドバイザーの資格はとてもおすすめです。

通信講座を受講終了し、課題のレポートをいくつか提出して、最後に認定試験をうけます。在宅試験なのでテキストを見ながら答えることができますが、意外と忘れてる内容とかあって難しく感じました。ちゃんと勉強していれば問題ないのですが、集中して学んで、復習などもちゃんとしたほうがいいと思います。

6ヶ月間ほどかけて、自分のペースでゆっくり学べるカリキュラムが私のライフスタイルには合っていました。私の場合は、子供が寝てからと、日中の空き時間に勉強してましたが、勉強が習慣になってとてもよかったです。

 

 

【3】メンタルケア・アドバイザーの詳細情報

 

資格名 メンタルケア・アドバイザー
認定団体

NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会

資格の取り方

・通信講座(※約6ヶ月間)

・通信添削 6回

・カリキュラム終了

・認定試験(※在宅試験)

資格講座の概要

・通信講座 49,800円(※分割可能)