メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定はどんな資格か?

 

資格名 メンタルヘルス・マネジメント検定
認定団体

大阪商工会議所

資格の取り方

・通信講座(ユーキャン)
・カリキュラム終了+認定試験(※会場試験)

資格の活用法

・職場のストレスマネジメント業務
・人事、労務、管理職のスキルアップ

 

 

【1】メンタルヘルス・マネジメント検定の評価・解説

 

メンタルヘルス・マネジメントとは、主に働く人たちの心のケアを行う手法です。仕事や職業生活に不安やストレスを抱える人は年々増加しています。

 

働く人たちが職場で安心して働くためには、心の健康管理が非常に重要になってきます。一人ひとりが自分の役割を理解し、ストレスの原因を探り対処していくということが重要で、企業にとっても労働者の生産性の向上や社内を活性化させるためにも必要になってきています。

 

心の不調を未然に防止

 

ストレスの原因を探り、それに対処するため、心の不調を早めに察知し初期段階で対処することができます。何でもそうですが、早期発見、早期治療が功を奏します。悩んで悩んでどうしようもなくなる前に、悩みを発見して対処します。

 

コミュニケーションが円滑に行える

 

企業という集団は、互いに思いやり気遣うことでうまく回っていきます。心の不調があっては、人を思いやることも気遣うこともできません。仕事をしていく上で、悩みやストレスは誰でも感じるものなので、そこを自分自身でもどうしたらよいかを考えられますし、組織的にどうしていこうかということを考えやすくなります。

 

モチベーションが向上する

 

心が不健康になると職場のモチベーションは下がります。メンタル・ヘルスケアは自分自身の心の健康管理を行うセルフケアと管理職用にはラインケア、新入社員には予備知識の勉強をすることで、立場や役割ごとのメンタル・ヘルスケアを学ぶことができ、社員のモチベーションが向上します。

 

 

【2】メンタルヘルス・マネジメント検定の口コミ・評判

 

認定しているのが大阪商工会議所という経済団体で、社会的信頼性の高い資格です。いわゆる「カウンセラー」になる資格ではありませんが、企業においてはむしろ実用的な資格として評価されますし、履歴書に書いても恥ずかしくない資格です。

公的資格として通用するのが魅力だと思います。企業内でも管理職になるとこの検定を受けさせる企業もあるようですね。企業に勤める人にとっては非常に有効スキルがつくので個人的におすすめできます。

これは職場向けの資格ですので、不登校の小学生の相談に乗るとか一般的なカウンセラーになるための資格ではありません。専業主婦とか、カウンセラーを目指す人には、別の資格が向いていると言えるでしょう。

T種、U種、V種とあるので、段階的に取得していけば無理なくスキルアップできます。合格率は、T種2割程度、U種5割程度、V種8割程度というデータが公表されてますが、V種の合格率はかなり高めですので、まずはV種からチャレンジしてみるという考え方もあると思います。

履歴書に書ける資格が4万円程度で取得できるので、比較的リーズナブルと言っていいかもしれません。現在お勤めの職場でこの資格が役に立ちそうであれば、挑戦してみる価値が高いと思います。

 

 

【3】メンタルヘルス・マネジメント検定の詳細情報

 

資格名 メンタルヘルス・マネジメント検定
認定団体

大阪商工会議所

資格の取り方

・通信講座(※U種:4ヶ月間、V種:3ヶ月間)

・カリキュラム終了

・認定試験(※会場試験)

 

※T種、U種、V種に分かれていて、T種は社内向け、U種は上司向け、V種は自分向けとなっています。なお、通信講座ではU種とV種に対応したカリキュラムが用意されています。

資格講座の概要

・通信講座 35,000円(※分割可能)
・受験料 II種:6,480円、III種:4,320円