NLPプラクティショナー

NLPプラクティショナーはどんな資格か?

 

資格名 NLPプラクティショナー
認定団体

米国NLP協会

資格の取り方

・通学講座(ヒューマンアカデミー)
・カリキュラム修了のみ(※試験なし)

資格の活用法

・コミュニケーション能力の向上
・目標達成スキル、自己実現スキルの向上
・過去のトラウマの克服

 

 

【1】NLPプラクティショナーの評価・解説

 

NLP(神経言語プログラミング)とは、Neuro Linguisutic Programming の略で、最先端の心理学のことです。セラピーやカウンセリングの現場で使われていたスキルを体系化して、人生全般に通用するように改良されたもので、コミュニケーション能力の上達、目標達成や自己成長にもつながると思われています。カウンセリングの先進国アメリカで生まれた実践心理学です。

 

成功する思考と行動モデルが体系的に学べる

 

もともとは有名なセラピーの分野の3人を分析した結果、まったく違ったアプローチを行っているにもかかわらず、驚くほど似通ったパターンを用いていました。その3人のスキル・パターンを体系化したものがNLPの源流なので、体系的に学べるというのはほかの資格にはないポイントです。

 

脳の使い方がわかる

 

コミュニケーションに優れた人たちの思考や行動パターンを分析して生まれたNLPは、すばやく信頼関係を結ぶ心理コミュニケーションの方法や、成功するイメージなど、脳の使い方がわかるため、日常生活でも実践しやすい手法です。

 

人の成長を援助する人におすすめ

 

教師、保育士、講師、トレーナーなど、人の成長を援助する人にとって、コミュニケーション能力や、モチベーションの保ち方などは最重要課題です。NLPは、そんな人たちに有効なスキルを身につけることができます。

 

※ヒューマンアカデミーの講座

 

【2】NLPプラクティショナーの口コミ・評判

 

NLPという言葉は日本ではあまり聞きなれない言葉でしたが、アメリカでの認知度が高まるにつれて、日本でもポピュラーな言葉になってきました。心理学の先端スキルが得られる資格ではないかと思います。

ヒューマンアカデミーに通ってたときにトレーナーの先生が言ってたんですが、NLPは今一番人気の心理学の資格なんだそうです。やっぱり応用範囲が広いことが人気の秘密じゃないかと思います。例えば、過去のトラウマを克服するメンタルケアのスキルや、未来の目標達成スキルを向上させるコーチングみたいなものも学べるので、だれにでもおすすめできます。

日常生活にすぐに実践できる内容なので、コミュニケーション能力の向上や、仕事上の上司、部下の関係、家族の中の家族関係、恋愛関係や友達関係など、身近なシチュエーションですぐに実践できます。

ヒューマンアカデミーで60時間のプログラムを修了すれば、NLP協会認定のNLPプラクティショナー認定書が授与されます。資格試験などがあるわけではないので、カリキュラム内での課題をしっかりこなしさえすれば、確実に資格を取得することができます。

1回6時間、全10回の講義を受講するのに、約40万円の費用が必要になります。決して安くはないですし、この費用を出すことが難しい方も多いと思います。ただし、逆に言えば、費用が高いからこそ本気で学びたい方が受講されていますし、資格の社会的信頼性も一定レベル以上に維持されることになります。意識の高い仲間を作ることができるのもメリットといえるかもしれません。

 

※ヒューマンアカデミーの講座

 

【3】NLPプラクティショナーの詳細情報

 

資格名 NLPプラクティショナー
認定団体

米国NLP協会

資格の取り方

米国NLP協会が認定するスクール(ヒューマンアカデミー)で所定のカリキュラムを受講する必要があります。試験はなく、カリキュラムの履修実績のみで資格を取得できます。

資格講座の概要

平日のコース(1回3時間×週2回)か、土日のコース(1回6時間×週回)を選べます。全10週、合計60時間のカリキュラムを全て履修することで、「NLPプラクティショナー認定書」が授与されます。

 

・入学金 32,400円
・受講料 378,000円(※分割可能)
・教材費 15,500円

 

※ヒューマンアカデミーの講座