【LCプラクティショナー】通信講座で手軽に取得できるNLPの資格

このページでご紹介する「LCプラクティショナー」は、NLPの「通信講座」を修了することで取得できる資格です。一般財団法人NLPミレニアムジャパンによって認定されます。

 

一方で、NLPの本家本元、米国NLP協会が認定する「NLPプラクティショナー」の資格を取得したい場合には、「通学講座」で学んでください。グループセッションを通じた実践的な学習によって、より高いレベルでNLPをマスターすることができます。

 

>>「NLPプラクティショナー」の紹介ページはこちら

 

「人生を変える」がキーワード! LCプラクティショナー

 

「LCプラクティショナー」のLCは「Life Change」の略です。つまり、LCプラクティショナーは「人生を変える」がテーマの資格になります。

 

たとえば・・・

 

「職場の人間関係がよくなりました」
「上司に評価されるようになりました」
「部下から信頼されるようになりました」
「子どもが言うことを聞くようになりました」
「営業成績トップになりました」
「ダイエットに成功しました」
「恋人ができました」

 

人生を生きるなかで、「こうなりたいな」「こうだったらいいな」と思うことを、心理学的な知識とスキルで実現してしまおうというのが、LCプラクティショナーという資格を取得する目的になります。

 

>>資料請求はこちら(無料)<<

 

 

LCプラクティショナーのスキルで人生が変わる理由は?

 

とはいえ、「人生を変える」などというと、テーマが大きすぎてイメージしにくいかもしれません。そこで、身近な例として、「ダイエットしてやせたい」という場合を考えてみましょう。

 

LCプラクティショナーのスキルでダイエットが成功する?

 

本屋に行けばダイエット本がズラリと並んでいますし、テレビでも雑誌でもダイエット特集ばかりやってます。ドラッグストアに行けば、ダイエットドリンクやダイエットサプリがいろいろ売られていますし、通信販売でもよくわからないダイエット器具が売られています。

 

このように、ダイエットに挑戦する人は多いですが、おそらく90%以上の人がダイエットに失敗してしまいます。では、なぜダイエットは、これほどまでに成功しにくいのでしょうか?

 

ダイエットが成功しないのは「潜在意識」が邪魔してるから

 

NLPでは、良い行いも、悪い行いも、その行動の裏には「肯定的な意図(こうていてき、いと)」があると考えます。わかりにくい言葉ですが、ようするに「自分にとって何かメリットがある」から、その行動をとってしまうという意味です。

 

ダイエットの話に戻ると、ダイエットが成功しないのは、ダイエットが成功していない今の状態を、潜在意識が「メリット」だと判断していると考えます。

 

たとえば、「ダラダラしていたい」という欲求が満たされているとか、「好きなものを好きなだけ食べたい」という欲求が満たされているなど、メリットが満たされている結果の今の状態だということです。

 

ということは、ダイエットを成功させるには、「ダラダラしていたい」とか、「好きなものを好きなだけ食べたい」といった潜在的な欲求を、取り除くか、別な方法で満たしてあげないといけないということになります。そうしないと、潜在意識がダイエットを邪魔する方向に働くからです。

 

根性論・精神論ではない心理学的なアプローチ

 

そこで、たとえば「ダラダラしていたい」という欲求について考えてみると、じつは体が疲れているからダラダラしたいのかもしれませんし、精神的に疲れているからダラダラしたいのかもしれません。ダラダラしたくなる原因が、裏に隠れている可能性があるわけです。

 

とすると、マッサージなどで体の疲れを取り除くとか、何かストレス発散になるような活動をするとか。「ダラダラしていたい」という欲求がなくなるような対策をすることで、ダイエットが続けられるようになるかもしれません。単なる「根性論・精神論」ではなく、ダイエットしやすい環境を整えていけばいいということです。

 

このように、NLPでは、「肯定的な意図」が何かを見つけ出し、それを別の方法で満たしたり、あるいは取り除いたりといったアプローチによって目標を達成していきます。つまり、「人生が本当に変わる」というわけです。

 

LCプラクティショナーの資格で人生が本当に変わる

 

今の「肯定的な意図」の話は、NLPで学べることのごく一部に過ぎません。NLPにはいろいろな知識やスキルがあるので、それらを身につけることによって、あなたの夢や目標が達成しやすくなるでしょう。周囲の人たちとのコミュニケーション改善にも役立ちます。

 

>>資料請求はこちら(無料)<<

 

 

そもそも「NLP」ってどんな心理スキルなの?

 

NLPは、1970年代にアメリカで生まれた心理学的な技術です。カリフォルニア大学サンタクルーズ校の助教授ジョン・グリンダーと、そこの学生だったリチャード・バンドラーの2人の研究から始まりました。

 

その研究とは、精神病の治療で好成果をあげていた3人の心理療法家(家族療法のバージニア・サティア、ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ、催眠療法のミルトン・エリクソン)に着目し、彼らがどのような治療を行っているかの研究でした。

 

この研究から、コミュニケーションや目標達成などの「上手くいく共通パターン」というものを見出し、それをまとめたものが「神経言語プログラミング(NLP)」という手法です。現在では、心理療法としてだけでなく、コミュニケーション、スポーツ、ビジネス、教育など、さまざまな分野で広く用いられるようになっています。

 

NLPは、たとえばオバマ元大統領など、名だたる著名人が学んでいることで知られています。しかも、並外れた結果を出している人も多く、NLPの有効性がますます注目されています。

 

>>資料請求はこちら(無料)<<

 

 

ここまで読んでみてどうでしょう? LCプラクティショナーに、少しは興味が出てきたでしょうか?

 

いずれにせよ、まずはいろいろ資料を取り寄せてみて、どの資格を目指すか、自分なりに比較してみるといいです。資料を取り寄せるだけなら無料ですし、資料請求したからといって、無理やり契約させられることはないので安心してください。

 

日常生活やお仕事ですぐに役立つLCプラクティショナーの資格

 

心理学の資格はいろいろありますが、NLP関連の資格「LCプラクティショナー」は日常生活やお仕事などで、すぐに役立つのが特徴です。なぜなら、NLPには、自分自身の効果性を高めるためのアイデアがたくさんあるからです。

 

他の心理カウンセラー資格のように、クライアントさんの心理状態を改善するのに使えるのはもちろんです。ですが、それと同ときに、自分自身の心理状態を最高の状態に整えて、最高のパフォーマンスを発揮するのにも大いに役立ちます。すぐに使える、実践的なスキルが身につくのが、LCプラクティショナーの資格なんです。

 

日々の生活に「役立つ資格」を取得したいなら、LCプラクティショナーは選択肢のひとつとしておすすめです。

 

 

 

資格の名称 LCプラクティショナー
資格の認定団体 一般財団法人NLPミレニアムジャパン
講座名 NLPファンダメンタル通信 DVDコース
講座実施校 ヒューマンアカデミーたのまな
費用 162,000円(※分割払いも可能)
標準学習期間 約3ヶ月間
教材
  • 講義DVD 10枚(1枚約60分程度)
  • 講義テキスト 1冊
  • ワークブック 1冊
  • 添削課題 1冊
  • 認定資格課題 1冊
特典
  • オーウェンNLPセミナーDVD 2枚
  • リチャード・バンドラー博士著「望む人生を手に入れよう」 1冊
  • NLP用語集 1冊
  • 加藤聖龍著「仕事や日常で使える 7つの心理法則」
  • 質問は何回でもOK(フォーム、郵送など)
資料請求 https://www.brush-up.jp/
このページの先頭へ戻る