心理カウンセラーへの道「資格取得までと取得後の実務経験について」記事一覧

こんにちは。当サイトの監修者、心理カウンセラー田中です。連載コラムとして、私が心理カウンセリングに出会ってから心理カウンセラーを目指した結果、日常生活にどのような影響を与えたのか、などについてお話したいと思います。心理カウンセリングに出会ったきっかけ私が心理カウンセリングに出会ったのは、私が大学生のときになります。そのときの私は心理学を専攻する学生でしたが、心理カウンセリングには全く興味がありませ...

自分が実際に心理カウンセリングを受けたことで、心理カウンセラーに興味を持ったわけですが、大学を卒業して心理カウンセラーになろうと思ったからといって、いきなりなれるほど甘くはありません。そこで、心理カウンセラーになるための学校に改めて入学しようと思い、ネットで心理カウンセラーを養成する学校探しを始めました。関東に住んでいたこともあって、多くの心理カウンセラー養成学校を見つけることができました。やはり...

私が通った心理カウンセラー養成学校は、受講者と講師との距離感がとても近いことが特徴でした。講師との距離感が近いというのは、気軽に何でも話すことができる、ということです。例えば、授業で不明なところはもちろん、別の講座を受講する際に、どのようなことを学ぶことができるのか、今回受けることができないのだけれどどうすればよいのか、など、細かいことを聞くことができました。心理カウンセラー養成学校には熱心な受講...

心理カウンセラーの養成学校では、先輩と関わることや、同じ受講生と関わることで、自分自身の成長につながっていきました。とはいえ、順調に全てがいったわけではありません。挫折感だけでなく、落ちこむことがありました。今回は、そのあたりのことをお話ししたいと思います。同期の受講生が辞めていく、その理由は?まずは、同期の受講生がどんどんと辞めていく、ということでした。もちろん、人それぞれ生活スタイルがあるので...

心理カウンセラーの養成学校で学びながらも、落ち込んだり、辞めようかと考える毎日。じつは、それを講師の心理カウンセラーに伝えたことがありました。そうすると、その心理カウンセラーの先生がこう言ってくださいました。「できていたことがいきなりできなくなったというのは、ただ疲れていてできないだけということも考えられます。ですが、もしかすると、自分の中で何かが大きく変わろうとしているからできなくなっているとい...

心理カウンセラーの資格を取得してよかったことは、心理カウンセラーの立場で「より多くの人と関わることができた」ということです。心理カウンセラーの「資格」がクライアントに説得力を持ちます心理カウンセラーになる前では、技法や手法、それに資格もなかったので、誰かの役に立ちたいという思いがあっても、それが形として意味をなすことがありませんでした。しかし、心理カウンセラーの資格を持つことで、悩みを持っている人...

心理カウンセラー養成講座で学んだ知識や経験は、心理カウンセラーとしての活動の他に、日常生活でもたいへん役立っています。一番大きいのは、自分自身の心の中がどのような状態になっているのか、を知ることができる点です。例えば、ある人と職場で軽いいざこざが起きたとしましょう。このときに、自分自身の心の中がどのような状態になっているかを考えることは、コミュニケーションのレベルを高めるのにとても役立ちます。心理...

このページの先頭へ戻る